お芝居での演奏
先週末、初めてお芝居での演奏をさせて頂きました。
劇団往来さん公演の、「赤いハートと蒼い月」という中国が舞台のミュージカル。

お芝居は好きで、友達の公演などよく観に行っていたのですが、たまに生演奏が入ってるものがあって、いつかやってみたいなーと思っていました。嬉しいっ。
普段のライブとはまた違う緊張感。
リハの時はどきどきでしたが、本番はかなり面白かった!

e0025376_424235.jpg中国が舞台なのでニ胡と中国笛の方と初共演。お二人とも中国の方でした。
聴くのも見るのも初めてでしたがもう素晴らしい演奏でうっとり〜。
しかも二胡とフルートってすごく合う。

パーカッションは山村誠一さん。誠一さんとはこの日が初共演でとても嬉しかったのでした。
←こんな格好めったにないので記念に♪



曲もお話も、セットもほんとに素敵でした(写真を撮る余裕ナシ!笑)。
本番中、役者さんの演技や歌にじーんとして、吹かないといけないところで泣きそうになったりと大変でしたが..ほんとにグッとくるステージだったと思います。
役者さんからもパワーをもらった感じ。
胸一杯です。

演じる者として、学ぶべきところがたくさんでした。
やっぱり、演奏にも、心をうつものがないと。
今回誘って下さった誠一さんに感謝です。


ここ最近リハにライブな日々。
ひとつひとつにじっくり向き合っていると、ほんとに時間ってすぐ経つなあって思います。

by flautape | 2006-03-22 04:24 | ◎雑記 | Trackback
トラックバックURL : http://flautape.exblog.jp/tb/3046187
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< レコーディング ひさびさに >>