今さらながら
「ブラジル音楽」が好きです。
中でも、好きなのはショーロ、サンバ。
そして、ずっと興味がありながら手を出せていない、ノルデスチ(北東部)の音楽。
メロディーやリズムも、一番好きかも。
これからもっとハマりそうな予感が..

ええ今回は..ノルデスチの話ではなく、ショーロ

ショーロとは、19世紀半ばにブラジルのリオで生まれた音楽で、ヨーロッパからもたらされたクラシック音楽と、アフリカのリズムが混じりあって出来たもの。
ボサノヴァなどが出来るより前です。
楽器はバンドリン(ブラジルのマンドリン)、フルート..などのソロ楽器と、カヴァキーニョ、ギター、パンデイロ、などが使われます。
音符だけ見たらクラシックのようなんですが、即興性もあって、メロディーもポップで楽しい音楽です。切なげなメロディーの曲もまた魅力(そこが好き)

あぁ真面目によう説明せん..まだまだ勉強不足。
..でもこうやって説明するより、なんせまずは聴いてみるのが一番!だと私は思う。

毎週月曜、本町のショヴィ・シュヴァというお店で、ホーダ・ヂ・ショーロ(ショーロのセッションのようなもの)がおこなわれています。もし興味を持たれた方は覗いてみて下さい。時間は19:00過ぎくらいから22:00までです。参加も見学も無料です♪ショーロのCDも置いています。
      ショヴィ・シュヴァ(ブラジル音楽CDショップ&カフェ)tel:06-6225-3003


13日は東京でのホーダ・ヂ・ショーロに参加してきました。

e0025376_5325156.jpge0025376_5342540.jpge0025376_5343840.jpg

会場は吉祥寺のALVORADA。普段の東京ホーダの    ↑カヴァコ3本並ぶ。   メンバー、さらにギターの阿部さん、バンドリンの中沼さん!たくさんの人が来ていて、楽しかった〜!お店も雰囲気よかったです。
色んな人と演奏することって、やっぱいいなあと思う。そしてこういう場を作ってくれるお店や、中心となっているミュージシャン達に感謝したい。
              ハーモニカを吹く(?)阿部さんの子供さん。..とその師匠ノビ君↓
e0025376_5351911.jpge0025376_5353915.jpge0025376_5361261.jpg


e0025376_5362446.jpg実は前日も同じ店にライブを観に行ったんですが、この日も終わってからホーダ..皆好きやなぁ〜。
←7弦ギターが4本。珍しい〜

しかしショーロは難しい〜!
こうやってたくさんの人と合わすと、自分の力の足らなさをあらためて実感。
クラシック未経験の私は最初、「こんなんムリ!!」って思ってましたが、なんやかんや言って続けてます

こんなにハマるとは思ってなかったな〜
# by flautape | 2005-11-13 00:00 | ◎日々 | Trackback